お問い合わせ 予約する
 
ホーム 組合について ダイビング シュノーケリング 加盟ショップ 環境への取り組み スタッフブログ
体験ダイビング ファンダイビング シュノーケリング ナイトカヌー 釣り体験
コース一覧
体験ダイビング 1日
体験ダイビング 半日
ファンダイビング
シュノーケリング 1日
シュノーケリング半日
ナイトカヌー
釣り体験 半日
ダイビングポイント
よくある質問 Q&A
お問合せ
ご予約
往復航空券と宿泊がセットのパッケージツアー
ポイントマップ
よくある質問 Q&A
ダイビングショップ訪問
ヘナチョコダイバー島の豆知識
石垣島マリンレジャー協同組合
〒907-0013
沖縄県石垣市浜崎町1-2-6
パティオ石垣1F
環境への取り組み

石垣島マリンレジャー協同組合は2009年に石垣市内でダイビング業を営む地元出身者の12社がが中心となって
マリンレジャー業界の持続的な発展などを目的に設立しました。

 

  2010/9/9 川平支部・北部支部・マリンレジャー協同組合 合同駆除

今年のGW明け、米原のサンゴに稚オニヒトデが大量にはっせいしているのを弊社加盟店「ちぃむどんどん」オーナー野底氏が発見。しかし稚オニヒトデはサンゴの奥底でサンゴを食害している状況の為非常に駆除が困難。異常な数の稚オニヒトデな為、川平にあるダイビング業者はオニヒトデの習性を活かし2010年8月5日より3日に1度のペースで夜のオニヒトデ駆除を開始した。

昼間は通常通り営業し、夜駆除を行うスタイル。駆除数は毎回数百匹〜1000匹を超える状況。八重山ダイビング協会からは80業者ある加盟店舗へのメール等の要請がないため人手が足らない状況であった。川平支部に在籍する弊社加盟店より8月末に要請があり、合同で駆除を行う事となった。集まったダイバーは33名。3隻の船に分かれて約90分〜100分近く潜り駆除を行った。駆除数はオニヒトデ1962匹・レイシガイダマシ988匹。

綺麗な米原のサンゴを繁忙期にもかかわらず、守ってくれている川平のダイビング業者の皆さん。本当にありがとうございます。これからは弊社も協力して北風の来ないうちに頑張って駆除していきましょう。米原のポイントを利用している業者の皆さん。駆除メンバーがもっと必要です。どうか駆除協力お願いいたします。

 

☆今回参加加盟店☆
さうすぽいんと、島人、ばがーじま、ちぃむどんどん、ブルーウォーターダイバーズ、 ピュアティDS、シーベースカビラ、DSシースマイル、シーマンズクラブ、ビーブルー石垣島 、ネイチャー石垣島、サザンダイブ石垣島、マリンポイント、マリンメイト、トムソーヤ 、ダイビングサービス大城、カマンタダイビングクラブ、シーフレンズ、アクアガーデン、G−FREE


 

2010/2/27 〜石西礁湖のサンゴの現状と再生技術について〜

   

石西礁湖のサンゴをテーマに東京海洋大学岡本峰雄教授の講演会を27日午前離島ターミナル内
「とぅもーるネットセンター石垣」にて開催致しました。
(今回は沖縄県産業振興公社協力、幣組合主催開催)

岡本氏は1998年以降の世界的な白化現象以降のサンゴの回復力の衰え、絶滅過程へ進んでいる事を指摘。しかし、一度サンゴが絶滅した礁湖内北側リーフの復活などを挙げ、「今までの白化現象では死なないサンゴも生まれている可能性がある。それらを保護していく事も大事」との事でした。

 

これかも専門家による協力の下、幣組合は綺麗な八重山の海を次世代に残すため活動していきま☆

☆今回組合参加加盟店☆
マリンポイント・マリンメイト・カマンタダイビングクラブ・シーフレンズ・さうすぽいんと
ダイビングサービス大城・ダイビングサービス島人

 

 
  2009/12/23 〜第二弾オニヒトデ駆除☆1932匹☆〜
   
12月23日(水)当組合で第二弾オニヒトデ駆除を行いました。
今回もまた補助金ナシのボランティア、組合加盟店10店舗ダイバー16名での参加です。
場所はまだ一度も駆除を実施された事のない「平野沖」
2ダイブで1932匹のオニヒトデを駆除する事ができましたよ〜!!
さすがに今まで駆除されてないポイントだけあり、オニヒトデの数は半端ない様です。

「サンゴ礁保全活動」と一言で済ますのは簡単ですが、
海の現状を知り、守る働きがどれだけ地道で危険で大変な作業なのか多くの人に理解して
もらえると幸いです。

☆当組合はこれからも綺麗な八重山の海を守る活動を行っていきます☆

 

      <写真:マリンポイント>                <写真:マリンポイント>

☆今回参加加盟店☆
マリンポイント・マリンメイト・カマンタダイビングクラブ・シーフレンズ・さうすぽいんと
HAMAマリンサービス・ダイビングサービス大城、ばがーじま、石垣島トータルマリン
うるまダイビングクラブ


 
  2009/12/7 〜オニヒトデ駆除☆1250匹以上☆〜

12月7日(月)今回は当組合でオニヒトデ駆除を行いました。
勿論、国などの補助金ナシのボランティア、組合加盟店10店舗総勢21名での参加です。
場所は宮良沖と大浜沖の2箇所のリーフで行いました。
約4時間(2ダイブ)で1250匹以上のオニヒトデを駆除する事ができましたよ〜!!
ま・・・勿論ヘナチョコ事務員はひたすらオニヒトデを数える作業のみなのですが、だんだん数が分からなくなってきたり・・・まったく役たたずの事務員なのであります。
スタッフの皆さんは本当にカッコ良くて・・・・・
何度も船と海を往復しながら駆除してくださいました。
日本一のダイバーやぁ!!と・・・一人感動しっぱなし・・・の私でした。

目標としては、このシーズンオフに何度か活動して、
今とっても綺麗な黒島口から西表島の北側のサンゴを守りたいと思ってるのです。
綺麗な八重山の海を次世代に残していきたい・・・
そんな願いを込めて、これからも皆で力を合わせ頑張りますよ〜☆

 

 

☆今回参加加盟店☆
マリンポイント・マリンメイト・カマンタダイビングクラブ・シーフレンズ・さうすぽいんと
HAMAマリンサービス・ダイビングサービス大城、トムソーヤ・ちぃむどんどん
うるまダイビングクラブ


オニヒトデ駆除
  2009/11/12 〜オニヒトデ駆除☆1298匹!!〜

11月12日(木)八重山ダイビング協会川平支部でオニヒトデ駆除を行いました。
勿論、当組合加盟店「さうすぽいんと」「島人」「ちぃむどんどん」「ばがーじま」の皆さん参加です!
お疲れ様です・・・そして海を守って頂き、大変感謝です。。

先日も第2回八重山オニヒトデ対策協議会が開催されたり、同じく12日に
漁業者がオニヒトデ駆除を行ったりと、最近オニヒトデ駆除の活動を真剣に取り組む姿勢があちこちでみられます。
この勢いで、八重山の海を地域住民・業者・行政一体となってこれからも守っていきたいですね。

では当日のオニヒトデ駆除活動ブログはこちら・・・

********ちぃむどんどんブログより******************
本日は、八重山ダイビング協会川平支部でのオニヒトデ駆除でしたが、
水中はウネウネでとっても写真が取れる状況じゃなかった。。。 
オニヒトデ駆除は本日、底地湾でやりましたが、異常発生中です(T_T) 
100坪位の一つの根に100匹以上がサンゴを食べてる状況です>< 
おまけにうねりがありましたが、なんとか19人で1298匹とれました。

 
みんなで「えんやこら」積んで行きますw
「ひでぇ臭い」ww

一回休んでぇ〜ww(モデル:としおさん)

こんな感じで、全て乗りました^^
  オニヒトデは畑の肥料に変わるようですよ♪
オニヒトデは、悪い奴じゃないんだけどネ、異常発生して
サンゴを食い尽くされるとダイビング業者は悲鳴です><
一昨年から駆除をやってますが、駆除してるところのサンゴは綺麗に残ってます♪

  2009/4/29 初の清掃活動
石垣島と西表島の間に広がる国内を代表するサンゴ礁海域「石西礁湖」の南側でサンゴの清掃
活動を行いました。

「業界が厳しくなっている中で、安心して二代目に引き継いでいけるような体制を作っていきたい。海岸清掃などを組合として行い、サンゴを守っていきながら、持続可能な業界にしていきたい」と話す。  

当日は、石垣島と西表島の間に広がる国内を代表するサンゴ礁海域「石西礁湖」の南側でサンゴの清掃活動を行った。清掃活動はサンゴの産卵前に卵が着床しやすいように、金ブラシなどを使用して海藻やコケを取り除くもの。  風が強く条件が悪い状態にもかかわらず、7業者とダイビングに訪れたゲストも含めて約40人が参加した。30代の女性は「30分くらいだったが、一生懸命磨いた。産卵後に着床してくれることを願っている。またぜひ参加したい」と感想を述べた。  

「サンゴは産卵して2週間くらいして幼生が着床する。このエリア近くでは幼生が育っているので、海藻やコケを取り除いて着床しやすいような条件にしておく」と説明。「毎年清掃を行いながら、着床が確認でき育つことになれば、本格的に範囲を広げていきたい。石西礁湖のサンゴは壊滅状態。少しでもサンゴ礁が増えていく手伝いができれば」と話す。
 

         
  HOME組合についてダイビングシュノーケリング加盟ショップ環境への取り組みスタッフブログお問い合わせご予約  
    Copyright(C) 2009Ishigakijima Marineleisure Association. All Rights Reserved.